話をしているときに、あなたは何をしている?

僕とパートナーが話をしているときに、根本的に違うところがあります。

僕は会話というものを、基本的に情報収集の機会だと捉えているんですよね。

これは智の魂が強い僕にとっては、あまりにも当たり前のことでした。もともとは。

(今はみんながそうじゃないんだなって知ってますけれど・・・)

一方彼女は会話というものを、こころが深くつながるための機会だと捉えている、、んだと思います。いや、どうだろうな。あとでまた確認しなきゃ。

***

で、僕にとっては情報収集の機会なので、ほんと自動的に、聞いた話のどこが情報として重要なポイントなのか、どこがそうじゃないのかを整理していて、自動的に重要なポイントの関連性整理しながら聞いてて、自動的に重要だけれどもまだ得られていない情報はなんなのかをあぶり出してたりします。

必要ならそれを表にしたり図にしたりできる。それが当然だと思っちゃってる。

なのでうっかりすると、彼女が何かをしようと思っていて、でも悩んでいてぐるぐる考えちゃっているときに、「もうけっこういい図ができてるはずなのに、どこが悩みなんだろう???」って思ってしまったりします。

でも彼女は、そんな風に話をしていないので、そんな図も表も頭の中につくっていない。むしろいろんな気持ちを味わっている。

そのことを二人のうちのどちらかが思い出しては、そうかそうか、僕が図解すればいいんだ、ということになって、ちゃっちゃっちゃと図なり表なりつくるようにしてるわけです。

***

こういう性質の違いは、二人で何が起こっているのかをしっかり話し合っていったらいつかはわかることなんだけれど、想像を絶するくらい違っているので、なかなかたどり着かないことも少なくありません。

なので地図があるとずいぶん楽なんです。

いろんな地図を眺めてきましたが、その最高の地図が個性認識学の「四魂の窓」です。

ほんとこれ楽しくて有用なので、是非身につけに来てください。

2/17個性認識学講座基礎

https://www.reservestock.jp/events/241039

#四魂の窓 #個性認識学

********************

今後の予定


2019年


2/9~11 三浦半島 宿泊ワークショップ

『死と誕生』~ 死と向き合うことは、愛と向き合うこと ~

https://ameblo.jp/mika-smile-healing/entry-12425717640.html


2/12 東京

アーリートラウマ【5つの傷と防衛のパターン】を学ぶ

~パターンを知り、パターンを超えて関わりあう方法~

http://greek-ex.jp/L20710/b0/1t211


2/13 夜 東京

ワイン片手にパートナーシップの夕べ(仮)

 

 


記事を見逃したくない方は是非ご登録ください

ふたこわたる公式メールマガジン

登録はこちらから

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! (by ふたこわたる)

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! アナスタシアシリーズ4巻「共同の創造」に描かれた「祖国」。愛し合う二人が、地球のシステムと調和した原初の楽園のような園を共同で創造する、というもの。その「祖国」に魅了されてしまった僕が、祖国誕生への道のりや、関連する情報を好き勝手に発信します。 (アナスタシアジャパンなどの公式サイトとは無関係です。)