無力感への嘆きに出会いなおす

この美しい世界を破壊する働きに対して、僕の中にはどうしようもなく怒りがあります。とくに地球の美しさを破壊することについて、何の本質も含まない正当化をする事に対して、とてつもなく怒ってる部分が僕の中にあります。

それはずーーっとある。

それだけじゃない。

こうして進んでいく破壊が今も着実に進行していっていることに、ものすごい悲しみと怖ろしさを感じてもいます。

その状況証拠は、日々のニュースの中にたくさん見つけることができてしまう。次から次へといろんな魚の「記録的不漁」がニュースになっているとか、奄美大島沖のタンカーの沈没事故のこととか、いくらでもある。

一方それと拮抗する形で、自分の無力さに対する嘆きがあります。

これまで僕には一体何ができただろうか、といえば、何にもできていないに等しい。

そして、「そんな僕が何を言えるだろう」って思って何も言わなくなってしまって、さらには何も感じなくなっていってしまうんですよね。

***

今日はそのことについて刺激されることがあって(古いマンガを読んだんだけど)、あらためてちょっと自分でワークしてみたのでした。

この怒りや嘆きや悲しみと、自分の無力さ、そして、無力な自分は何も言う資格がない、みたいな声について。

怒りの声(「ぐだぐだくだらねえ言い訳してるやつは全員死ね!」みたいな声)をしっかり聞くことからはじまり、すべての声にスペースを与えていく。

あらためて思ったんだけれど、自分の無力さに対する痛みが巨大なんだな。それがあまりに痛くて、「えらそうなこといって何もできてないじゃないか」と人からも指摘されるが耐え難い。

それが痛くてつらくて、こころを閉じて口を閉じてしまうんですよね。

そのあとスピリットガイドにどうしたものかと相談してみた。


************

破壊を止めることだけが愛なんじゃない。

無力であったとしても、ただ愛である道はある。目を開きこころを閉じずにいたら、おまえは怒りを感じ、悲しみを感じるはずだ。怒りを感じ、悲しみを感じ、嘆きを感じているおまえとして在ることだ。それほどに世界を愛しているおまえであり続けることなんだ。

どれほど世界を思い、どれほど痛みを感じているか、私は知っているよ。

それはたとえ三次元的に無力に思えても、真実であって、ないことにしてはいけない。

そう在ることこそが、おまえをおのずと正しい道に乗せる。

************


もうね、そうですね、すみません。そのとおりです。

明日からまた気持ちを新たに、そう在るよう努めよう。

********************

今後の予定


2018年


10/5オンライントークイベント


10/15 東京
「ロシア・アナスタシアの
 祖国コミュニティを訪れる旅報告会」(仮)


10/21(日)東京
「わたしの中の、真の愛への願いを救い出す」
https://www.reservestock.jp/events/292333


10/27〜 半年間

魂を分かち合うパートナーシップをはじめる集中コース
https://www.reservestock.jp/events/290191

 10/7の夜にオンライン説明会する予定です

 

 


記事を見逃したくない方は是非ご登録ください

ふたこわたる公式メールマガジン

登録はこちらから

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! (by ふたこわたる)

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! アナスタシアシリーズ4巻「共同の創造」に描かれた「祖国」。愛し合う二人が、地球のシステムと調和した原初の楽園のような園を共同で創造する、というもの。その「祖国」に魅了されてしまった僕が、祖国誕生への道のりや、関連する情報を好き勝手に発信します。 (アナスタシアジャパンなどの公式サイトとは無関係です。)