人生という長丁場を通じて誰かひとりを愛し続けること

村上春樹の短編で最も好きなものに、「かえるくん、東京を救う」がある。

僕の中で「パン屋再襲撃」「象の消滅」と並んでトップスリー。

「かえるくん」が収録されている短編集の最後に、なんというか独特のテイストの短編「蜂蜜パイ」という作品がありまして、初めて読んだ時にも不思議と染み入る感じがあったんだけれど、今日また読んだら僕の人生が進んだ分、ますます染み入っちゃったんですよね。今日はその話。


「彼にはたしかに正しい友だちをみつける才覚があった。でもそれだけでは十分ではなかった。人生という長丁場を通じて誰かひとりを愛し続けることは、良い友だちをみつけるのとはまた別の話なのだ。彼は目を閉じ、自分の中を通り過ぎていった長い時間について考えた。それが意味のない消耗だったとは思いたくなかった。」


ということをめぐる短編。

主人公は最愛の女性に告白する勇気を持たず、その人は親友(高槻くん)と結婚した。

もともとその女性を含めた三人で親友みたいなものだったし、結婚後も子供ができても親友のままだったんだけれど、高槻夫婦はやがて離婚する。

僕はこの主人公のようであり、その親友の「高槻」のようでもある。

この自立がよしとされる時代にあって、「人生という長丁場を通じて誰か一人を愛し続ける」ことに、すこぶる自信がなかった。

今になって思えば、ですよ。自信がなかったというか、そんなことがほんとうに可能なのだ、というイメージをいだけないできた気がします。

なんども「ずっと愛し続けよう」という意思を持って、挑戦して来た。

人生の中で、なんどもなんども。

そしてなんども別れを告げたり告げられたりして来たのでした。

なんどもなんども。

そのたびにね、大きな痛みがあるわけです。

そして絶望して、一人で生きていこうと思うこともなんどもあった。

でもこの歳になってやっと、「人生という長丁場を通じて誰か一人を愛し続ける」ことが、きっとできる、と思えるようになったのでした。

なんというか、依存しあうのではないのに、誰か一人を愛し続ける、誰か一人と愛を育み続ける、その道がやっと見えてきた。

そんなことを思いながら、しみじみと読んでおりました。


#本当の結婚の復活

********************

今後の予定


2018年


10/5オンライントークイベント


10/15 東京
「ロシア・アナスタシアの
 祖国コミュニティを訪れる旅報告会」(仮)


10/21(日)東京
「わたしの中の、真の愛への願いを救い出す」
https://www.reservestock.jp/events/292333


10/27〜 半年間

魂を分かち合うパートナーシップをはじめる集中コース
https://www.reservestock.jp/events/290191

 10/7の夜にオンライン説明会する予定です

 

 


記事を見逃したくない方は是非ご登録ください

ふたこわたる公式メールマガジン

登録はこちらから

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! (by ふたこわたる)

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! アナスタシアシリーズ4巻「共同の創造」に描かれた「祖国」。愛し合う二人が、地球のシステムと調和した原初の楽園のような園を共同で創造する、というもの。その「祖国」に魅了されてしまった僕が、祖国誕生への道のりや、関連する情報を好き勝手に発信します。 (アナスタシアジャパンなどの公式サイトとは無関係です。)