エネルギー学ことはじめ2

エネルギー学ことはじめ1の続きです。

その1で

・人に外から入ってきて作用を及ぼすもの、人から外に向かって出て行くもの、そのすべてをエネルギーと呼ぶ。

本人の元気が自然に湧いてくるならいいエネルギー循環ができてる。弱ったり枯渇していく感じだと、上のどこかがおかしい。その時にチェックする視点は主に3つあって

・質のいいエネルギーが流れているか

・入る量と出ていく量のバランスが取れているか

・流れが止まっているとしたらどこか

ということを書きました。

つぎに個別の項目について次にちょっと書いてみます。

***

・その質がいいものであるかどうか

たとえば、もっとも単純にはいいものを食べたら体の調子は良くなる(そのように表現される)し、変なものを食べちゃったら、お腹をこわしたりします。

あるいはことばに乗ってエネルギーが入ってくる。そのときに、応援とか感謝とか賞賛ということもあれば、罵倒や侮蔑なんて場合もあります。

その中で否定的なエネルギーの乗った言葉をたくさん受け取り、胃潰瘍の症状として表現されることなんかもあるわけです。

また、いい仕事をして感謝とともにお金を払っていただいて、ますます仕事に磨きをかける原動力になる場合もある。


***


なので1点目は、流れているエネルギーの質がいいかどうか。

いいかどうかは、本人基準でいい作用があるかどうか。その人の人生が本人基準でよくなるものかどうか。本人の生きる力が自然に湧いてくるかどうか。

そういう本人基準。これが大事。

たとえば日清食品創業者の安藤百福さんは、健康に100歳近くまで生きましたが、毎日インスタントラーメンの類を食べていました。たぶん彼はそれをとても愛していたし、そこにのっている愛を彼は受け取ることができていた。

一般的に体に悪そう(おそらく統計的にも決して良くない)な食べ物であっても、統計云々じゃなくて、本人基準。

この「本人基準」センサーを磨いていくのは重要なのですが、その話はまた機会を改めて。

***

次に「入る量と出る量のバランスが取れているか。」これは分かりやすいですよね。

いっぱい食べて何も動かなかったら、体のバランスは崩れる。

すごく働いてお給料が低すぎたら、どんどん磨耗してしまう。少しのお金とたくさんの働く喜びが入ってきたら、そこまで消耗しないし、うまくいけばかなり動ける。

みたいなことです。


みっつめの

・流れが止まっているとしたらどこか

これはいわゆる「ブロック」などと呼ばれているものです。エネルギーの流れをブロックしているところ。

この扱いは一言で言うのは難しいのでまた次回。


********

今後の予定

この連載で書いているエネルギーの流れを使って、

キャッシュフローだけでなくエネルギー全体を整える

ビジネスグループコンサルティングをやっています。

次期は10月から月1回の全6回 東京

『充ち足りているワールド』から生み出す

ビジネスのグループ・コンサルティング

http://www.kokuchpro.com/event/tokyo_gc02/


********************

今後の予定


2018年


10/5オンライントークイベント


10/15 東京
「ロシア・アナスタシアの
 祖国コミュニティを訪れる旅報告会」(仮)


10/21(日)東京
「わたしの中の、真の愛への願いを救い出す」
https://www.reservestock.jp/events/292333


10/27〜 半年間

魂を分かち合うパートナーシップをはじめる集中コース
https://www.reservestock.jp/events/290191

 10/7の夜にオンライン説明会する予定です

 

 


記事を見逃したくない方は是非ご登録ください

ふたこわたる公式メールマガジン

登録はこちらから

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! (by ふたこわたる)

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! アナスタシアシリーズ4巻「共同の創造」に描かれた「祖国」。愛し合う二人が、地球のシステムと調和した原初の楽園のような園を共同で創造する、というもの。その「祖国」に魅了されてしまった僕が、祖国誕生への道のりや、関連する情報を好き勝手に発信します。 (アナスタシアジャパンなどの公式サイトとは無関係です。)