パートナーとのエネルギー循環が冷えていくとき ー ふたこわたる公式ブログ「人々よ、自分の祖国を取り戻せ!」


今日のテーマは、「パートナーとの間にあるエネルギー循環が冷えていく」という現象について。


パートナーシップを蝕む要因はたくさんありますが、エネルギー的に見ると大きく分けると二種類です。


その1:否定のエネルギー循環を作り出す

 悪影響を及ぼす否定的な関わりをする

 例えば感情的な反応を相手にぶつける、など


その2:エネルギー循環を枯渇させる

 二人の間にある感情を分かち合わない

 例えば、愛している気持ちを表現しない・受け取らない

 例えば、不満な気持ちを「まあいいことにしよう」と溜め込む、など


かなりのカップルで、二人のうちの一人が関わることを強く求め、もう一人が干渉し合わないことを強く求めます。ここがマズイ具合にかみ合ってしまうと、関わりたい側が否定的なエネルギー循環をせっせと作ってしまう結果になり、干渉し合わない側がエネルギーを枯渇させることをせっせとやってしまう結果になるという悪循環が生じます。

この辺りはたくさん語るべきことがありますが、今日はエネルギー循環を枯渇させる場面について。

***

別の記事で書いたように、二人の精神的な自立の度合いが高まってくると、一般的にお互いへの行動に干渉しなくなっていきます。それぞれが自分を幸せにすることに責任を持っている、と双方とも理解しているからです。

それ自体は健全なことなのですが、二人の関係性のなかでなにかしらネガティブな感情を持った時に、それを分かち合わないとエネルギー循環は冷えていくのでした。


こんなことを言ったら彼に嫌われるんじゃないか、こんなことを言ったら彼女に小っさい男と思われるんじゃないか、などなど言わない理由はいろいろです。

そしてその理由には、ほとんどの場合相手への配慮の気持ちが含まれます。

そしてほとんどの場合、同時に何らかの恐れの気持ちが含まれます。

相手の「行動に」干渉しないということと、自分の気持ちを分かち合わない、ということの、微妙な違いがパートナー間のエネルギー循環を捉える時に、決定的なものになります。


この循環を回復するカギ(あるいは普段から保つカギ)は、真実を語り合えるかどうか、それを受け取り会えるかどうか。

とはいえ、言えない時には言えないものなので、はじめの一歩は「言えなさについて開示する」ということです。


(つづく)

**********

今後の予定

■大人気のワークショップ

「好かれる勇気 〜大好きな人に好かれて生きる」

12月18日 名古屋

https://www.facebook.com/events/1222098097828632/

12月24日 東京

https://www.facebook.com/events/1034925596633424/

■1月12日

新年会とシェア会

アマゾン&アンデス先住民を訪ねる旅 (予定)

■お金の本質を学び、人生の夢を変え、世界を変える。

 その第一歩。(仮)

 12/19, 1/20 (予定)

********************

今後の予定


2018年


12/13(木)夜 オンライン

アーリートラウマ入門(仮)

 

 


記事を見逃したくない方は是非ご登録ください

ふたこわたる公式メールマガジン

登録はこちらから

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! (by ふたこわたる)

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! アナスタシアシリーズ4巻「共同の創造」に描かれた「祖国」。愛し合う二人が、地球のシステムと調和した原初の楽園のような園を共同で創造する、というもの。その「祖国」に魅了されてしまった僕が、祖国誕生への道のりや、関連する情報を好き勝手に発信します。 (アナスタシアジャパンなどの公式サイトとは無関係です。)