夏場の冷えに心理的に取り組む1


僕は夏になると、電車などの冷房で体が冷えるんですよ。電車で移動するときなんかは、絶対に長袖じゃ無いと体調崩します。か弱い。 

最近このことの心理的な意味について取り組んでいて、セラピストさんから丁寧に聞いてもらって、いろいろわかって来ました。なんというか基本に戻ってみてみると、意外とおもしろいのでした。

どういう時に冷えるかと言えば、電車で移動している時とか、何かのセミナーとかで話を聞いている時とか、なんていうのかな、自分からは何もしていない時。逆に自分がセミナーやワークショップやってる時は、たぶん全然冷えない。これってまず、僕がどういう時に「熱くなれない」「熱くなれる」ということと直結してる。いや〜、単純すぎて恐ろしい(笑)。

まあでもこれだけの情報だったら、よくなりそうな気がしない。当面は僕は何もしない時や受け身の時に熱くなれる気がしないもんね。

***

そこで、もうちょっと根本を見ていくと、自分の体を冷やしておこうとしているってことは、

「熱くなったらなにか不都合がある」

って思い込みがありそうなわけです。

そういう仮説が立つ。

でね、その時にセラピストさんから

「熱くなって魅力的になったら何かまずいことがありそうですか」

みたいな投げかけがありました。

「熱くなって魅力的になったら」

ほほう。おもしろい。

対人関係で熱くなること、そして魅力的になること。

確かにそれ止めてますね〜〜。うん。

ここは彼女との関係でよく困難が生じる箇所でした。


つづく


********************

今後の予定


2018年


10/5オンライントークイベント


10/15 東京
「ロシア・アナスタシアの
 祖国コミュニティを訪れる旅報告会」(仮)


10/21(日)東京
「わたしの中の、真の愛への願いを救い出す」
https://www.reservestock.jp/events/292333


10/27〜 半年間

魂を分かち合うパートナーシップをはじめる集中コース
https://www.reservestock.jp/events/290191

 10/7の夜にオンライン説明会する予定です

 

 


記事を見逃したくない方は是非ご登録ください

ふたこわたる公式メールマガジン

登録はこちらから

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! (by ふたこわたる)

人々よ、自分の祖国を取り戻せ! アナスタシアシリーズ4巻「共同の創造」に描かれた「祖国」。愛し合う二人が、地球のシステムと調和した原初の楽園のような園を共同で創造する、というもの。その「祖国」に魅了されてしまった僕が、祖国誕生への道のりや、関連する情報を好き勝手に発信します。 (アナスタシアジャパンなどの公式サイトとは無関係です。)